遊びを作り出す

「芋があったよ!焼き芋してもいい?」

と突然言ってきた子どもたち。

手に持っているものを見てみると、若干キクイモに似ているけど、何か得体の知れない木の根っぽいもの。

「いいよ。」と言うと、

たき火の中に入れて、そのイモを焼き始めた子どもたち。

しばらくすると取り出して、満足気に「持ってかえる」と言っていた。

「俺も芋が欲しい!どこにあるの?」と流行り出し、たくさんの子がイモを掘っていました 笑



また、別の場所では、

「けんちゃん、何かの実が飛んだよ!みた?」

「いや、見てないけど、どうしたん?」と聞くと

「僕、今これで実を飛ばしてるんよ。」と目をキラキラさせて答えた。

その子の様子を見ていると、しなる木の枝を発見し、そのしならせた枝の先に実をうまくつけて、飛ばして遊んでいたのです。

面白いことするなぁと見ていると、10分以上もずっとその遊びをしていました。



イモの遊びも実を飛ばす遊びも、子どもらが自分で見つけて、自分で遊び方を考えてやり出したこと。

他にも、竹をひたすら大きな岩に立てかけて、その竹にぶら下がったり、ソファーみたいに座ってくつろいでいたり、自分らで遊びを作り出して、それを楽しむ姿が見ていてとっても微笑ましかったです。


やっぱり子ども×自然=無限大ですね。


次回は、1/23(土)の餅つきです。

餅をつきたい人、餅を食べたい人、そんなことよりただただ遊びたい人、
全員集合〜!

興味ある方はこちらよりご覧ください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA