友達を想う

「〇〇くんと一緒に花火しかったなぁ」



「◯◯くんからもらった虫除けリング、〇〇くんだと思って、残りのキャンプを過ごすことにする!」



体調が悪くなり、キャンプ途中で帰宅することになった友達を思って、何人かの子どもが、この様に言っているのを聞き、ジーンとしました。




また、話が苦手な子が手をあげて、朝の会で発言をしている時に、ある子が「ゆっくりで大丈夫だよ」と声かけてあげていたり。



片付けが大変そうな子どもに「僕がやってあげるよ」と声かけていたり。



子ども料理(子どもらだけで全ての料理を作る)では、手が足りていないところに率先して手伝いに行っていたり、手伝いすぎて疲れてしまった子に「休んでおいていいよ」と言っていたり。




ぶつかり合いや揉め事もたくさんあったけど、こう言う友達を想う声かけや姿勢が所々感じられて、とっても素敵だなと嬉しい気持ちになりました。



暑い中、海で泳いで、遊んだり



苦労しながら、五右衛門風呂をたいたり



水鉄砲で頭のてっぺんから足の先までびしょ濡れになったり



子ども料理でたこ焼きを3時間以上も作り続けたり、その結果、一度もたこ焼き焼いたことなかったのに、とっても上手になったり



キャベツのみじん切りが上手すぎて、みんなから慕われたり



楽しくおしゃべりしながら、白玉を捏ねて作ったり



朝5時からバドミントンして盛り上がったり



片付けをサボる人が多くて、みんなで話し合いをしたり



キャンプ中は、「クーラーがある家に帰りたい!」と言っていたのが、帰る頃になると、「このメンバーでもうおしまいなのが嫌だ!」と言い出したり、



それなら、「このメンバーで同窓会する?」なんて話もしていたり



かき氷を食べて、舌が青や黄や緑色に変色していたり



いろんなことがありました。





子どもらにとって、楽しい思い出となっていたら嬉しい限りです。



また、このメンバーで集まれたら面白いですね。



誰か大きくなったら企画して〜(笑)



最後まで読んでいただきありがとうございます。




今日も素敵な1日をお過ごしください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA