ミミズふっかつ

「あ ミミズだ!」



ある子の声で集まってきた子どもたち。



そこにいたのは、カラカラに干からびたミミズ



「もう死んでるね」と言う子。



「いや、大丈夫よ!ふっかつするよ!」と言い張る子。



その言い張る子が、ミミズを持って、どこかへ向かって歩き始めた。



そこは、木の丸太の椅子がたくさんある、以前ミミズとりして遊んだ場所。(丸太の椅子をひっくり返すと、裏側にミミズがいたのです)



どうするのか、見ていると、



その木の椅子を裏返し、そこにミミズを置いて、木の椅子を元に戻して、心配そうに一言。



「ミミズ、ふっかつするかな?」



しばらくすると、その子はまたミミズの場所へ行き、椅子をひっくり返して確認していました。



「ミミズ、ふっかつしてなかった。まだふっかつしないのかな?」



毎回の恒例の海への散歩の一コマ。

今回、かえるえんの卒園生の小学生になった子が遊びに来てくれました。


それほど話をした訳でもないですが、一緒に遊んだり、「こんなのあったっけ?」とかえるえんの変化に驚いていたり、卒園生が遊びに来てくれるって嬉しいなと感じました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA