こんな恐竜いるんだなぁ

「ね〜、ね〜。こんな恐竜いるんだなぁってやって。」


この一言で始まる遊び。


(たぶん幼稚園生にとっては)結構高度な遊びで、博物館に展示してある恐竜の剥製に子どもらがなりきって、おとり役の人がそこを訪れて、その恐竜の剥製に見入っているという設定から始まる。


そして、言われた通り「こんな恐竜いるんだなぁ」と言って、見入っていると、


数秒後に、「ギャオー!」と言って、恐竜が実は生きており、追いかけられる(襲われる)という遊び。


これが、もう楽しいらしく、1日3、4回は誘われます(笑)


こっちも、毎回普通に襲われても面白くないから、


「この恐竜動いている!逃げろ〜!」とか言って、恐竜役の子どもが動き出すより先に逃げたりすると、


「ダメダメ。ちゃんとやって。」と演技を指導されたりします(笑)


これは、ある子が始めた遊びだけど、今やみんな知っている遊びで、一緒に恐竜になる子や、おいらを恐竜の方に誘導する子(笑)がいて、遊びがどんどん広がっておもしろいです。


毎回、感じることですが、やっぱり子どもの発想力は本当に素晴らしいです。


発想力もだけど、遊ぶ力もすごい。


学ぶことばかりです。


さぁ、来週のこんな恐竜いるんだなぁ遊びは、どんな感じになるのか、今から楽しみです。

そういえば、今回は釣りをしたのでした(笑)
途中から水槽のアジと戯れる方が楽しくなってきた模様(笑)
40匹ぐらい釣れ、唐揚げにして美味しくいただきました






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA