恐竜の体重計

「恐竜の体重計よ」



ある子が木の板を並べて置いて、それが何を表しているのか氣になったため、聞いてみたら、そう返ってきました。



どうやって測るのかと思い、見ていると、



どうやら、1人が恐竜をパソコン?で操作する人で、



1人が恐竜役で、操作されて、体重計に乗る人。



体重計に乗ると、



「『2(にー) 0(ぜろ) 0(ぜろ) メートル』 って 言って」



と恐竜役の子からパソコン操作役に演技指導が入ったり(笑)



メートルって、長さやん!



とか



2(にー) 0(ぜろ) 0(ぜろ)、じゃなくて 200やん!



とか



ツッコミたい氣持ちは抑えて。



恐竜役の子は体重計にのっているのに、パソコン操作役の子が飽きちゃって、違う遊びを始めていたり、



それに氣がついて、「もう体重計にのったよ。ちゃんとやって」とまた演技指導が入ったり(笑)



なんだかカオスでしたが、



恐竜の体重計という発想が面白く、どういう展開になるのかと微笑ましく見てました。




ちなみに、木を並べた体重計には、なぜか砂がかけられていました。



理由を聞いたところ、「恐竜の体重計だから」とのことでした。



どういうことなんやろ?と思いましたが、その子なりの恐竜の体重計のイメージがあるのだなと理解しておきました。



今日も、やっぱり子どもは面白いと思ったし



発想が豊かで、やっぱり素敵だなと思いました。






かえるえんでは、来年度園児を募集しております。



来年度4月より週5日となります。



詳しくはこちらをご覧ください。




無料で体験参加も見学も随時してますので、ピンと来た方はお気軽にご連絡くださいね〜。






村長 けんちゃん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA